「アルバイトの給与計算」3つの注意点。割増賃金や休日出勤もしっかり計算しましょう!


アルバイトの方の給与計算というと「時給×労働時間」というイメージを持っている方が多いと思います。

たとえば、ある月に時給1,000円の人が月に80時間労働したら、その月の給料は1,000円×80時間=80,000円というような計算です。

ところが、そのような計算では、必ずしも合法にならない場合があります。そこで、アルバイトの給与計算で気を付けたいポイントを以下3点ご紹介します。

(1)アルバイトも「1日8時間」を超えれば割増賃金の対象

あるアパレルショップで働くAさん。10:00~18:00(休憩1時間)が契約上の所定労働時間ですが、その日は「たな卸し」で、22:00まで残業をしました。所定7時間+残業4時間で、その日の実労働時間は11時間になります。

Aさんの時給が900円だとしたら、900円×11時間=9,900円がその日の給料になりそうですが、これは違法です

アルバイトの方も、1日8時間を超えた労働時間に対しては、通常時給の1.25倍の単価で給与計算する必要があります。

ですから、Aさんの給料を正しく計算すると、この日は所定労働時間7時間、8時間以内残業1時間、8時間超残業3時間ですから、「(900円×7時間)+(900円×1時間)+(900円×1.25倍×3時間)=10,575円」が法的に正しい給与額となります。

(2)アルバイトも深夜割増がつく&24時を超えても前日の勤務を引き継ぐ

ある居酒屋で働くBさん。16:00~翌3:00(0:00〜1:00に休憩1時間)のシフト勤務をしました。この日の実働時間は10時間です。

このケースでBさんの時給を1,000円とした場合、1,000円×10時間=10,000円では、もちろん違法です

アルバイトの方も深夜割増は必要ですので、22:00~3:00(休憩1時間除く)は1.25倍の深夜割増時給になります。

また、日付が変わっても、前日の勤務を引き継ぐので、1:00~3:00は、8時間超えの残業の割増賃金も上乗せされて、深夜と合わせ1.5倍の時給になります。

すなわち、Bさんは通常勤務6時間、深夜勤務2時間、深夜かつ8時間超え残業2時間となりますので、「(1,000円×6時間)+(1,000円×1.25倍×2時間)+(1,000円×1.5倍×2時間)=11,500円」が法的に正しい給与額になります。

再出勤の勤務時間は?

なおBさんが明け方3:00に勤務が終わった後帰宅して、同日の16:00にまた再出勤したら、再出勤後の勤務時間は別勤務扱いとなり、割増賃金はリセットされます。

(3)「シフト外の日に休日出勤」したときはケースバイケース

シフト制のアルバイトをしていると、突然の退職や欠勤があったり、想定外の多忙になると、シフト外の勤務を頼まれることもあると思います。

例えば、あるコンビニでアルバイトをしていて、通常、月・水・金に8時間のシフトが入っているCさん。

土曜日に人手不足で8時間の出勤を依頼された場合、休日出勤手当は発生するのでしょうか? (なお、このコンビニでは、1週間を月曜日起算で労務管理していると仮定します)。

この場合は、Cさんには休日出勤手当は発生しません。確かに、Cさんにとっては休日だったかもしれませんが、労働基準法では1日8時間、1週40時間の枠内に労働時間がおさまっており、かつ週1日以上の休日が確保されていれば休日出勤とはならないのです。

この点、Cさんが、月~金まで8時間のシフトがびっしり入っていて、さらに土曜日も8時間の出勤を依頼された場合は、土曜日の出勤は週40時間を超えますので、1.25倍の割増賃金の対象となります。

また、このケースでさらに日曜日の出勤した場合は、週の休みが1日もなくなりますので、日曜日の時給は法定休日出勤として、通常の1.35倍の割増賃金になります。

まとめ

このように、アルバイトの方においても、労働時間が1日8時間を超えたり、深夜に労働したりしたら、正社員と同じく割増賃金の対象となるのです。

自分の給与明細を確認して、割増賃金の払い漏れが無いか、確認をしてみて下さい。

特定社会保険労務士 榊 裕葵

東京都立大学法学部卒業後、上場企業の海外事業室、経営企画室に約8年間勤務。独立後、ポライト社会保険労務士法人を設立し、マネージング・パートナーに就任。「社員から信頼される会社作りをサポートする」を経営理念として、顧問先の支援に当たっている。執筆活動にも力を入れており、WEBメディアへの掲載多数。
他の執筆記事はこちら

人事労務の関連記事

人事労務の新着記事

飲食・小売業の人事労務特集

人事労務用語を詳しく調べる

人事の最先端イベント開催!