アルバイトの時給計算「10分未満切り捨て」は労働基準法違反。 ただし例外アリ


こんにちは、特定社会保険労務士の小高 東です。

アルバイトの時給計算について「10分未満切り捨て」などのケースを耳にすることがあります。

これは実際、法律上どのように取り扱われるのかについて、解説します。

アルバイト時給の「10分未満切り捨て」は労働基準法違反

Q.アルバイトの勤務時間計算について「10分未満切り捨て」などの話を聞くことがあります。アルバイトの時給計算は、「1分単位」で計算すべきなのでしょうか? それとも「10分」「15分」などの単位で切り捨て計算することは可能なのでしょうか?

A.「賃金全額払いの原則」(労働基準法24条)により、1分単位で計算すべきといえます。従って10分・15分単位で切り捨てることは、労働基準法違反ということになります。

例外として認められる端数処理 3つのケース

ただし、次のような端数処理は、例外として認められています。

(1)遅刻・早退・欠勤等の時間の端数処理

5分の遅刻を30分の遅刻として賃金カットをするというような処理は、25分についてのカットについて、「賃金全額払いの原則」に反し、違法となりますが、このような取り扱いを減給の制裁として就業規則に定め、労働基準法91条の制限内で行うことは認められています

(2)割増賃金計算における端数処理

  1. 1ヶ月における時間外労働、休日労働及び深夜業の時間数合計に1時間未満の端数がある場合、30分未満の端数を切り捨て、それ以上を1時間に切り上げること。
  2. 1時間当たりの賃金額及び割増賃金額に円未満の端数が生じた場合、50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げること。
  3. 1ヶ月における時間外労働、休日労働、深夜業の割増賃金の総額に1円未満の端数が生じた場合、50銭未満の端数を切り捨て、それ以上を1円に切り上げること。

(3)1ヶ月の賃金支払額における端数処理

  1. 1ヶ月の賃金支払い額に100円未満の端数が生じた場合、50円未満の端数を切り捨て、それ以上を100円に切り上げて支払うこと。
  2. 1ヶ月の賃金支払額に生じた1,000未満の端数を翌月の賃金支払日に繰り越して支払うこと。

おわりに

「1分単位」と聞くと、非現実的に感じるかもしれませんが、必ずしも、タイムカード=労働時間というわけではありません。

一方で、会社には労働時間を把握する義務があります。

アルバイトの労働時間や残業時間の管理を怠ったたり、放棄した場合には、タイムカード=労働時間ということになってしまいますので注意が必要です。


【編集部より】飲食業におけるSmartHR導入事例

飲食業でSmartHR導入後に起きた変化とは?
飲食業におけるSmartHR導入事例

アルバイト人材をはじめ、多くの入退社手続きが発生する飲食業界は、その管理も煩雑。特に多くの業態や店舗を持ちチェーン展開する会社では、管理が分散してしまうなど、より大きな課題を抱えます。この飲食業を営む企業において、SmartHRを導入した結果、どのような変化が訪れたのかに迫ります。

【こんなことがわかります】

    ・月間40時間の労務工数削減に成功したワケ
    ・なぜ約2,000名の労務管理をたった数名でできるようになったのか?
    ・労務兼任スタッフが店舗勤務に注力できるようになった話
特定社会保険労務士 小高 東

平成13年東京都千代田区飯田橋にて開業。一方的な法律用語のたれ流しではなく、生きた(使える)情報を顧客に提供。日本経済新聞、ビジネストピックス(みずほ総研)、労働・社会保険完全マニュアル(日本法令共著)、月刊ビジネスガイド、経理ウーマン、ビジネスアスキー他執筆・講演多数。東京都社会保険労務士会千代田統括支部広報委員長等拝命。 東社会保険労務士事務所HP
他の執筆記事はこちら

人事労務の関連記事

人事労務の新着記事

飲食・小売業の人事労務特集

人事労務用語を詳しく調べる