【令和2年版】年末調整「所得金額調整控除申告書」の書き方・計算方法を税理士が解説

2020.10.29 ライター: 税理士 高橋 創

こんにちは。税理士の高橋です。

「給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書」について3回にわたって解説してきた連載も、とうとう最終回になります。

今回のお題は残された「所得金額調整控除申告書」。令和2年の年末調整書類から登場する、正真正銘の新キャラです。

まずは「所得金額調整控除」とは何かを知ったうえで申告書の記載方法を確認していきましょう。知らないものが出てくるとついつい構えてしまいますが、一つひとつ対応していきましょう。

【令和2年】年末調整「給与所得者の基礎控除申告書」の書き方・計算方法を税理士が解説

【令和2年】年末調整 給与所得者の配偶者控除等申告書の書き方・計算方法を税理士が解説

給与所得の計算方法

所得金額調整控除は令和2年分の所得税から登場した控除項目で、基礎控除や配偶者控除などといった所得控除の仲間ではなく、給与所得の金額を計算するうえでのいち項目です。

令和元年までは、給与所得の金額の計算は給与所得の収入金額から給与所得控除額を差し引いて計算してきましたが、令和2年分からは、さらに所得金額調整控除を差し引くことになります(その他にも「特定支出控除額」というものもありますが、国税庁の2018年の調査によると、全国で1,700人ほどしか利用していない制度でもありますのでここでは割愛します)。

給与所得の計算方法:給与等の収入金額-給与所得控除額-所得金額調整控除

この給与所得控除額は「サラリーマンの必要経費相当額」として設けられている控除で、給与等の額面を以下のような速算表に当てはめて計算します。

出典:国税庁「給与所得者と税」

給与等の額面が500万円であれば、給与所得控除額は、

5,000,000円×20%+440,000円=1,440,000円

となり、その金額を給与等の額面500万円から差し引いた356万円が給与所得の金額となります。

所得金額調整控除

令和2年からの所得税法の改正により、給与所得控除額に関して10万円の減額と上限金額の引き下げが行われました

10万円の減額は基礎控除の増額とセットで行われていますので単純な増税とはなりませんが、上限金額の引き下げは対象となる方の税負担増に直結します。

「年収850万円を超える高所得者だから仕方ないのでは」と考える方もいるかもしれませんが、負担が増えてしまう方のなかにも、養育すべき子どもや特別障害者がいるといった事情を抱えている方もいます。そのような方の税負担を調整するために創設されたのが所得金額調整控除です。

所得金額調整控除の制度概要

所得金額調整控除には以下の2種類があります。

  1. 子ども・特別障害者等を有する者等の所得金額調整控除
  2. 給与所得と年金所得の双方を有する者に対する所得金額調整控除

このうち年末調整で適用があるのは1のみですので、今回は1についてのみご紹介します。制度の概要は以下のとおりです。

所得金額調整控除の制度概要(著者作成)

まず前提となるのは「給与等の収入金額が850万円を超える」という点です。

この割と高めのハードルを超えるということは今年から給与所得控除額が減っている、すなわち税金の負担が重くなっているということでもあります。

ここに該当しない方は申告書の記載自体が不要となります。なお、記載する時点で850万円を超えるかどうかはっきりしないような場合にも申告書は記載しておきましょう。 

【計算方法】

所得金額調整控除の具体的計算は以下のとおりです。

給与等の収入金額が950万円の場合

  • 所得金額調整控除:(950万円-850万円)×10%=10万円
  • 給与所得の金額:950万円-195万円-10万円=745万円

計算自体は簡単ですが、1つだけ注意点があります。

所得金額調整控除の計算上、給与等の収入金額が1,000万円超の場合には1,000万円をベースとされます。

ですから、所得金額調整控除は(1,000万円-850万円)×10%の15万円が上限額となる点をおさえておきましょう。

所得金額調整控除申告書の書き方

だいぶ前置きが長くなってしまいましたが、この所得金額調整控除を年末調整で受けようとする場合には、今回の本題である「所得金額調整控除申告書」を提出する必要があります。もちろん年末調整で織り込み忘れても、確定申告でフォローはできますが、会社が手続きをすることですべてが完結するのであればその方が従業員は楽です。

それでは、所得金額調整控除申告書の書き方を解説します。

国税庁「令和2年分 給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書」

同じ用紙でありながら、所得金額調整控除申告書と給与所得者の基礎控除申告書、給与所得者の配偶者控除等申告書との間には大きな違いがあります。

ほかの2つは申告書の中で控除額まで記載するのに対し、所得金額調整控除申告書に記載するのは「どの要件に該当するのか」という点、つまり事実関係を記載するだけです。

(1)「要件」欄

まずは1つめの「要件」欄

出典:国税庁「令和2年分 給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書」

こちらには「どういった要件に該当するために所得金額調整控除を受けるのか」を選択します。

どこに印をつけるかによって右側の☆欄、★欄に記載が必要かどうか決まります。その点も書類に明記してくれていますので、指示に従いましょう。

(2)「☆扶養親族等」欄

2つめは「☆扶養親族等」欄

出典:国税庁「令和2年分 給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書」

こちらには「要件」欄の「同一生計配偶者が特別障害者」「扶養親族が特別障害者」「扶養親族が年齢23歳未満」、つまり親族の状況を要件として所得金額調整控除の適用を受ける場合に、その親族の状況を記載することになります。

記載内容は、氏名、フリガナ、個人番号、生年月日、別居している場合の住所、続柄は特に問題ないかと思います。

少し面倒なのはその方の合計所得金額ですが、こちらはこの用紙での3度目の登場ですのでもう大丈夫かと思います。

合計所得金額の計算方法については、以下の記事をチェックしてください。

【令和2年】年末調整 給与所得者の配偶者控除等申告書の書き方・計算方法を税理士が解説

(3)「★特別障害者」欄

最後に3つめの「★特別障害者」欄です。

出典:国税庁「令和2年分 給与所得者の基礎控除申告書 兼 給与所得者の配偶者控除等申告書 兼 所得金額調整控除申告書」

こちらには「要件」欄で「あなた自身が特別障害者」「同一生計配偶者が特別障害者」「扶養親族が特別障害者」に印をつけた方がその特別障害者の状況などについて記載します。

なお、所得税法上の特別障害者とは、障害者のうち特に重度の障害のある方をいい、具体的には以下のような方となります。

  • 身体障害者手帳に身体上の障害の程度が一級又は二級と記載されている方
  • 精神障害者保健福祉手帳に障害等級が一級と記載されている方
  • 重度の知的障害者と判定された方
  • いつも病床にいて、複雑な介護を受けなければならない方 など

申告書にはこのような要件に該当するかどうかを具体的に記載しなければなりませんので、この欄には障害の状態、交付を受けている手帳などの種類と交付年月日、障害の等級などを記載することとなります。

なお、特別障害者に該当する人が「扶養控除等申告書」に記載している特別障害者と同一である場合には、特別障害者に該当する事実の記載に代えて「扶養控除等申告書のとおり」と記載して差し支えありません。

年末調整はコツコツ進めましょう

所得金額調整控除申告書は今までには馴染みのないものですからなんとなく「よくわからないもの」と考えてしまいがちですが、記載する内容は決して難しすぎるものではありません。

来年以降も毎回出会うものにはなりますので、今のうちに記載方法を身につけてしまいましょう。

今回でこの用紙に含まれている3つの申告書の紹介が終わりです。

私自身初めて見る書類ですし、抵抗感を感じながら内容を確認したのですが、書類の構成としてはかなり親切な印象です。慣れるまでは少し時間がかかるかもしれませんが、頑張っていきましょう。

【編集部より】年末調整の豆知識 必見コラム

税理士直伝!これで安心、年末調整の豆知識
年末調整の豆知識

【こんなことがわかります】2020年に控える税制改正に伴い、ますます煩雑化する年末調整。今のうちに改正内容やポイント、その他豆知識も含めて年末調整理解し、備えましょう。年末調整の進行に便利な作業チェックシートつき!

  • 2020年税制改正と年末調整のポイント
  • 年末調整Q&A
  • 従業員から言われた「年末調整あるある」
  • 年末調整担当者用 書類チェックシート

専門学校講師、会計事務所勤務を経て、2007年に「高橋創 税理士事務所」を開業。また、新宿ゴールデン街にBar「無銘喫茶」を構える。著書に「図解 いちばん親切な税金の本 20-21年版」(ナツメ社)、「フリーランスの節税と申告 経費キャラ図鑑」(中央経済社)、「桃太郎のきびだんごは経費で落ちるのか? 日本の昔話で身につく税の基本」(ダイヤモンド社・2020年12月発売予定)など。
他の執筆記事はこちら

手続き・制度の関連記事

手続き・制度の新着記事

働き方改革特集

SmartHR スタートガイド

オススメの人事労務イベント