「経営者が無能、バカ…」転職クチコミサイトの誹謗中傷は削除請求できるのか?

2017.10.05 ライター: 弁護士 浅野 英之

こんにちは。浅野総合法律事務所 代表弁護士浅野英之です。

インターネットの進歩と共に、企業の評判も、インターネット上の情報を調査し、参考にする場合が増えてきました。

一方で、インターネット上に書き込まれる情報は、拡散が簡単で、コピーも容易なため、悪評を書かれてしまうと一気に広がってしまいます。「ブラック企業」「セクハラ」「パワハラ」など、事実無根の企業の悪評は枚挙にいとまがありません。

中でも、企業として、特に気になるのが「転職クチコミサイトの書込み」、つまり、求職者に対する評判ではないでしょうか。

そこで、今回は、転職サイトに企業の悪評を書かれてしまったとき、どのように対応したらよいかについて、弁護士が解説します。

転職口コミサイト 悪評 削除

「転職クチコミサイト」での書き込みは企業評価を左右する

まず、大前提として、企業における、転職クチコミサイト内の評判の重要性について解説していきます。

転職クチコミサイトとは、企業の転職クチコミ情報を掲載するサイトをいいます。従って、転職クチコミサイトの書き込みは、求職者にとって、企業の評価を左右する重要な情報になります

「インターネット上の情報は信用できない」という時代はもはや過去のこと。求職者は、「どの企業に入ろうか?」と迷うとき、転職クチコミサイトの情報を参考にすることも多いでしょう。

そんな中、転職クチコミサイト上で悪評が広がってしまうと、求職者に対してマイナスなイメージを抱かせてしまうだけではなく、働いている従業員の士気低下にも繋がりかねません

「円満退社ではなかった元従業員」の書き込みに注意

元従業員が円満に退職していれば、転職クチコミサイトにおいて、会社の悪口を書くことはないでしょう。

満足度が高ければ、高い評価に繋がるかもしれません。

しかし、円満退社ではなかった場合、元従業員の会社に対する書き込みによって、求職者の評判を下げる恐れが十分にあります。

悪評が事実でも「誹謗中傷のみが目的」であれば削除請求を

悪評の内容が事実ではない場合には、名誉棄損等、権利の侵害を客観的な証拠によって立証した上で、記事の削除を求めるべきです。

ここまでお読みいただければ、転職クチコミサイトに書かれた真実ではない悪評に対し、できるだけスピーディに対処する必要性は、十分ご理解いただけたのではないでしょうか。

一方で、悪評が事実であり妥当な内容であれば会社として改善の余地がありますが、その書き込みに悪意があれば話は変わってきます。

というのも、事実であったとしても、その目的が「誹謗中傷のみにある」ことが明らかな場合には、会社の権利を侵害する違法行為にあたる可能性が十分にあるからです。

そもそも、事実を適示しないで、「経営者が無能」「バカ」などと誹謗中傷することだけが目的なことが明らかなものは、積極的に削除の交渉をすべきでしょう。

とはいえ、“火のないところに煙は立たぬ”ともいわれるように、日頃からクリーンな組織づくりを心がけ、転職で会社を離れる人がいたとしても互いに快く次へと歩んでいけるよう、円満な関係を築きたいですね。

弁護士 浅野 英之

浅野総合法律事務所、代表弁護士。企業側労働問題を得意とする石嵜・山中総合法律事務所にて、労働問題に関する数多くの相談対応、顧問先企業の労務管理を行ってきた経験を活かし、浅野総合法律事務所を設立。以降、「労働問題に強い弁護士」として、企業側はもちろん、労働者側の相談にも対応し、労働問題のスペシャリスト弁護士として活動中。特に成長中のベンチャー企業、中小企業の人事労務のコンサルティングに定評がある。 【企業向けメディア】ビズベン!
他の執筆記事はこちら

関連記事

HOT TOPICS